就業規則の変更方法は?人材採用のサポートならお任せ!

関連法律改正に合わせた就業規則の見直し

一定の会社であれば、就業規則を作成して設置をしなければいけません。就業規則の決まりとしては、労働基準法やその関連法律、労働協約に準じなければいけないとされています。労働協約は労働基準法などに準じないといけないので、労働基準法等の法律が基準になります。法律に定めている内容より、従業員に有利になる定めは特に問題ありません。しかし、従業員に不利になる定めは労働基準法などの法律により定められた内容となります。そのままにしていても違法ではないですが、就業規則の変更が必要です。社会保険労務士は、労働関係スペシャリストなので、就業規則の変更業務などを行ってくれます。法律に準じながらも、企業にとって不具合のない規則作成を依頼できます。

採用や教育による人材のアドバイスを受ける

一人で会社の運営をするなら、すべて自分の考えで行えます。それが複数となると、必ずしも同じ考えで行えるとは限りません。また、多くの業務を一人では行えないので、それらを社員に行ってもらいます。優秀な社員なら考え通りに動いてくれますが、優秀でない人は動いてもらえない可能性もあります。いかにいい人を採用して、教育していくかの問題があります。社会保険労務士は、労務管理のスペシャリストなので、人材管理のアドバイスが受けられます。採用時に気をつけないといけないところであったり、教育はどの点に気をつけなければいけないかなどを相談できます。企業の方針に合った人材構成にしたいときなどに、実現できるようサポートをしてくれます。

社会保険労務士の就業規則を採用したいと考えている場合、依頼しようと検討している社会保険労務士が就業規則に力を入れているかどうかを確かめる必要があります。