事故や盗難などのリスクが高い乗り物であることを知っておく

バイク乗りに保険は必須です

バイクにも自動車と同じ保険制度が適用されており、自賠責にさえ入っていれば公道を走行することは可能です。バイクは車体が細いことから人をはねる危険が少なく、任意保険は必要ないという人がごく少数いますが、非常に間違った考え方です。

出会い頭の衝突事故など、バイクが加害者となるケースは多発していますし、もし事故になった場合、被害者にかかる衝撃は同じスピードで走る自動車と同じです。自動車の世界では対人対物無制限の任意保険が当たり前ですから、当然バイクにも同等の保険を備えるべきなのです。

意外と忘れがちな「自分を守る保険」

バイク保険は被害者を救済し、多大な損害賠償を払う能力を加害者に付けさせるものではありますが、運転者本人を守る保険も重要です。搭乗者傷害を保証するものであれば運転した本人のケガも補償されます。バイク事故は加害者も大きなケガをすることが殆どであり、被害者だけを守るのでは十分ではありません。

また、盗難保険を充実させておくべきです。特に大型排気量のバイクでは、車両価格が100万円を超えることも珍しくありません。盗難されることが多い車種については、絶えず犯罪者があなたのバイクを狙っています。販売店などが用意する盗難保険では車両が全て盗難されることが補償の条件になっており、パーツ盗などは補償の対象外になることが多いです。バイクは工具があれば簡単にパーツを盗むことができますから、それに合わせた保険を用意しておくべきなのです。

インターネット保険でお得に

保険料の安さを求めるのであれば、インターネットのみ申し込みを受け付ける保険会社が良いでしょう。一般的な保険会社に比べ、同等の補償が安い保険料で受けられます。

バイクの保険にも距離やゴールド免許によって保険料が変わるので、バイク保険比較はこまめにチェックして自分に合った保険を探す事が大切です。