老後へ向けた資産運用はiDeCoがおすすめ

iDeCOは税金対策になります!

確定拠出年金のiDeCoは老後へ備へた資産運用にぴったりです。

なぜなら毎月拠出する額は小規模企業共済等掛金控除として、確定申告等に所得控除として申告することができます。注意点としては、確定申告や年末調整をしないと所得控除としてのメリットはありません。口座開設したからもう税金対策は完了ではなく、毎年控除申告する必要があります。

簡単に引き出せない事こそがメリットです。

iDeCoを始めると特別な理由ない限り60歳まで引き出せません。しかし、そこがメリットになる考え方もあります。

どうしても人は含み利益があると確定させたくなるし、含み損失があると心が落ち着かなくなります。我慢して待ってみる事は案外難しいものです。そこで60歳まで引き出せないとなると逆に長い視点で考える事が必要になります。それならばちょっとしたことでも肚をくくる事が出来るでしょう。

用意されている運用商品は低コストの場合が多いです。

iDeCoで用意されている運用商品は、長期投資に適したものが揃えられている場合が多いです。尚且つ厳しい審査の元、コスト的にも通常の同様の金融商品(主に投資信託)と比べ低く抑えられている有利な場合が多いです。またどうしてもリスクを取りたくない場合には、定期預金と同等の運用方法も用意されています。

iDeCoを始めるにはどこで?

iDeCoを始めるには取り扱いのある銀行や証券会社で専用口座を開設する必要があります。一人につき1つの金融機関のみかつ1つの口座のみしか認められていません。つまり2つ以上の口座は持つことができません。

この銀行や証券会社は各社に個性があって取り扱っている運用商品にも若干の違いがあります。ご自身が運用したい金融商品を取り扱っているかどうか?が口座を開設する一番の決め手となるでしょう。

iDeCOとは、月々の掛け金を60歳まで積み立てし続ける個人型確定拠出年金のことです。全額控除の対応となり課税されないのが魅力です。