初心者必見!?ベストな取引会社を選ぶ方法

まずは取引画面の仕様を確認

インターネットで信用取引を始めるにあたっては、まず取引を始める取引会社を選ばなくてはなりません。例えば株式の信用取引を始める場合は、証券会社選びが必要で、外国為替証拠金取引を始める場合はFX会社から選ばなくてはなりません。取引会社を選ぶポイントは大きく2つに分けられます。まず一つ目は、オンラインで売買の注文を出すシステムの良し悪しです。そもそも注文を出そうとしても頻繁にサーバーがダウンしてしまっては怖くて注文も出せませんし、システム自体が使いにくければ継続して取引が出来ない事もあります。こういったシステムの使い勝手にかんしては、各社が用意しているデモトレードが無料で利用出来ますので、積極的に利用して会社選定の目安にしましょう。

手数料の額には特に注目

取引を始めると、取引の手数料額がかなり重要だと気付きます。もちろん手数料の額は安ければ安いほど良いと言えますが、手数料が安いだけであまりにも使いにくいオンライントレードの仕様であれば、じっくり無料のデモトレードで再考したほうがいいかもしれません。またデモトレードで頻繁にデイトレードを行う方は、デイトレードの手数料が安く設定されている会社もお勧め出来ます。一般的な取引の手数料とは別に、デイトレードに限って言えば、更に手数料の額を下げている会社は多くありますので注意してみてみましょう。じっくりと吟味してみて、手数料の額とオンライントレードの仕様に十分に納得できたならばそこがベストな取引会社といえるでしょう。

信用取引の費用として売買手数料や事務管理費、権利処理手数料等が必要です。各証券会社によって金額が異なるので、事前の確認が求められます。