投資で失敗を避けるための簡単な秘策とは何か

1割程度の成功者になるためには

世の中は不景気になり、昔のようにただ会社員として定年まで勤めているだけでは安定した生活を送ることが出来なくなってきました。そこで、本業以外にも副業を持つことで、収入の不安をなくそうと試みている人も増えてきています。その一つが投資になります。投資そのものには時間がかからないため、平日の昼間は仕事に忙殺されている会社員やOLと相性がいいのが特徴になります。このような理由から投資を始める人は少なくありませんが、実際に継続的に勝ち続けることができる人は、全体の1割程度ですので、その中に入ることが大事になります。1割の中に入るには、最初の段階であまりたくさんのお金を投資しないことが必要になります。最近はビギナーズラックで儲かることもありますが、たまたま儲かっただけですので、謙虚に考えることが大事です。どれくらいの期間少額のお金で投資をするべきかといえば、個人差はあるものの、およそ1年は投資額を増やさないようにしましょう。

自分の心理を知ることが大事になる

投資は心理戦と言う人も多いですが、自分の心理を知ることが大事であることがわかります。心理を知ることで、無駄な投資をしなくて済むからです。特に大事なのは、負けているときです。負けているときは、負けた分を取り返そうとして、よく分析をしないままお金を投資する人がいます。投資をする人は頭が良く、プライドが高いため負けを認めたくありません。すると、自分が負けるわけがないと思い込み、負けを取り戻そうとしてしまいます。そのような心理は、多くの人が持っていますが、冷静に考えることが大事になります。自分の心理を知ることで負けを最小限に抑え、成功しやすくなるでしょう。

投資を行う際に、ファンドの会社を選ぶ事も大事になります。ファンドによって手数料や金利などが異なるので、比較サイトなどで確認して選ぶとよいでしょう。