高校を中退した場合に、どんな進路へ進む道が残されているのか?

道は色々あるから間違えないように

高校を中退してしまった時には、様々な選択肢が出て来ます。そのまま自宅でニートみたいな状態になる事も可能ですし、中卒で職探しをして働く方法、通信制高校で学ぶ方法、学びながら働く方法など色々とあります。

どの方法が一番良いのかは、ケースバイケースですが、基本的に日本では働くことは義務ですので、ニート以外の方法が好ましいと社会一般的にはなってきます。

高校でいじめにあって精神的に参ってしまった方は、自宅で休養が必要な事もありますが、そうではない場合、働くか通信制高校へ行くかといった選択肢が無難な方法です。働けば、お給料を得ることが可能ですし、お給料をもらえばそれを使って通信制高校へ通いなおすことも不可能ではありません。

実際問題として中卒は厳しい

ただ、中卒で働くといっても、中卒での就職活動は難しい場合も多いです。社会一般的には、高校卒業が最低ラインと位置付けている企業も多く、高卒ではないと良い求人を見つけても、それに応募する資格がなかったりします。

ですので、就職活動をしてみて、うまくいかない場合は通信制高校などで高卒資格を得るのも良いでしょう。

いったん勉強して高卒資格を取得すれば、それだけで選べる求人の選択肢も多くなります。最近は、高校を中退した方に通信制高校が人気で、高卒資格も短期間で取得可能ですのでその道へ行くのも手段として使えます。

高校を中退したからと言って、人生の全てが終わったように感じる方もいますが、そこから再起する方法は沢山残されていますので、うまく立ち回っていきましょう。

高校中退とは、高等学校の定められた課程を終えて卒業することなく、学年の途中や学年の修了時などのタイミングで高校を辞めることを指します。